カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

増加するクラミジア感染

  増加するクラミジア感染

性器クラミジア感染症はクラミジア・トラコマティスという細菌が原因でおきる性病です。症状としては女性では初感染時にほとんどの方(9割といわれています)が無症状です。男性では尿道炎症状を起こします。感染から1〜3週間後程で尿道のかゆみや違和感や軽い排尿痛といった自覚症状が現れます。しかし、男性でも他の性病に比べて症状が大変軽いため、自覚症状に気付かずにすごしてしまうことが多く見られます。そのため、感染が広がりやすく、増加の傾向にあるのです。また、オーラルセックスで性器からのどへの感染、のどから性器への感染も増えています。

不妊症になる可能性のあるクラミジア

クラミジアは症状が軽いのに侮れないのはその後の経過です。男性では、クラミジアが精管から精巣上体にまでいくと精巣上体炎(副睾丸炎)を併発します。精巣上体炎や精管炎を引き起こした場合、炎症により精子の通路が閉塞するので両睾丸で発症すると不妊症(閉塞性無精子症)になる可能性が高まります。

女性は膣から子宮頚管に感染、子宮頚管炎を引き起こします。時として子宮頚管から子宮、卵管を経て腹腔内へ感染がおこります。卵管周囲炎や骨盤腹膜炎、など原因不明の腹痛の原因になっていることもあります。これらが起因して子宮外妊娠や卵管性不妊症となります。妊娠中の感染は流産・早産の原因となります。妊婦がクラミジア感染したまま出産すると産道感染を引き起こし新生児に結膜炎や新生児肺炎を発症します。

女性のクラミジア感染症は男性にに比して症状が軽く気付きにくいのですが、合併症や後遺症による影響が大きいので注意することが重要です。

ページトップへ